平成29年度予算に対する緊急要望書を区長に提出

本日11月17日、平成29年度予算に対する緊急要望書を区長に提出しました。
区民のみなさまからいただいたお声を実現してまいります。

平成29年度予算に対する緊急要望書

2016年11月17日
文京区長 成澤廣修様

平成29年度予算に対する緊急要望書
ぶんきょう未来

9月の決算委員会等を通して、ぶんきょう未来として、
早急に対応すべきである考えたことを以下にまとめました。
ご対応くださいますよう要望します。

1.スポーツ施設及び健康センターの利用料については、周辺区と水準をあわせること。
2.スポーツ施設について、スポーツ団体の減額割合を5割にすること。
3.認可外保育施設の利用について、負担軽減策を検討すること。
4.青少年プラザの中高生利用を無料化すること。
5.自転車駐車場については、学割の対象を広げること。

<参考>
トレーニング室の利用料の周辺区との比較
◆文京区
健康センター700円、
スポーツセンター・総合体育館600円(65歳〜79歳500円、80歳以上無料)
・千代田区300円(60歳以上無料)、
・新宿区400円、
・豊島区400円(65歳以上200円)、
・荒川区400円(65歳以上無料)、
・台東区250円

それ以外の区
500円以下のところがほとんど。
65歳以上無料や半額となっている。

平成29年度予算要望書(PDF 50KB)

文京区内のWi-Fiスポット「Bunkyo Free Wi-Fi」を提供開始

Bunkyo Free Wi-Fi

2020年のオリンピック・パラリンピックを目標に、来日した外国人も気軽にインターネット使えるようWi-Fi(ワイファイ)スポットの整備を進めています。
この度サービス開始の「Bunkyo Free Wi-Fi」のエリアでは、スマホやパソコンなどで、誰でも無料でインターネットをすることができます。

なお、文京Wi-Fiが使える場所は、区営の各施設、コミュニティバスびーぐる、区内の飲食店や店舗などです。

↓使い方や使える場所などはこちら
Bunkyo Free Wi-Fi公式ページ
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/wi-fi/FreeWi-Fi.html

 

どこでも簡単にインターネットを使えるようになった半面、個人情報やセキュリティのなどの問題についても留意が必要です。ゲームやメッセージなど、安全性に配慮しながら楽しんで頂ければと思います。

※鉄道や公共施設のWi-Fiはセキュリティがかかっておらず、第三者から傍受される可能性があります。クレジットカードなど大事な内容は、携帯会社の回線経由で
やりとりすることをおすすめします。

「LGBTに対する東京都23区の対応状況」について

文京区議会事務局を通して調査していただいた結果がまとまりました。
23区の各自治体での取組みの状況が違いが分かります。

ご参考になればと思います。

<調査項目>

1.LGBTに関する担当課を設置しているのか。
a設置している:10
b設置を検討している(設置予定時期):1
c設置していない:11
dその他:1

2.LGBTに関する相談窓口があることを明示しているか。
a明示している:7
b明示していない:9
c相談窓口がない:7

3.LGBTの事項を明記した条例等があるか。
aある:4(文京、台東、渋谷、江東)
bないが検討している(制定予定時期):0
cない:19

4.条例でLGBTに対する差別を禁止しているか。
a禁止している:3(文京、台東、渋谷)
bないが検討している(制定予定時期):0
c禁止していない:1(江東)

5.同性パートナーシップの証明書発行や登録制度などを実施しているか。
a実施している:2(渋谷、世田谷)
b実施を検討している:0
c実施していない:21

6.職員におけるLGBT当事者に対し、福利厚生などで配慮していることはあるか。
aある:3(目黒、渋谷、世田谷)
b現時点ではないが検討している:5(文京、品川、大田、豊島、荒川)
cない:15

7.職員や教員に対する研修でLGBTについて取り扱っているのか。
a取り扱っている:22
b取扱を検討している:0
c取り扱っていない:1(中央)

8.LGBTに関して、連携を取っている民間団体はあるか。
aある:9
b連携を検討している・過去に連携したことがある:2
cない:11
d不明:1

LGBTへの対応(調査結果)

(参考)文京区男女平等参画推進条例

(参考)渋谷区男女平等・多様性条例

(参考)江東区男女共同参画KOTOプラン(抜粋)

(参考)台東区男女平等推進基本条例