活動中の項目

前田くにひろの活動目標「くらしの安心をつくります。」

  1. 認知症になっても障害をもっても、自分らしく暮らせるまち。
  2. 未来にはばたく子どもたちが、個性豊かに育つまち。
  3. 心や体が疲れたときも、たよりにできるやさしいまち。
  4. タバコを吸う人も吸わない人も、 気持ちのいいまち、 きれいなまち。
  5. 議会改革。

1. 認知症になっても障害をもっても、自分らしく暮らせるまち。

1-1 介護保険制度の充実

1-1-1 個別の生活実態に合わせた介護サービスが提供できるような運用をしていきます。
・利用できるサービス量の上限を引き上げ充分なサービスを受けるようにする。
・生活実態に応じた在宅サービス(ホームヘルプ等)の提供を目指します。
・介護保険では対応されないものについては、介護保険外のサービスを充実させる。

1-1-2 支え合うまちづくりの中核となる「地域包括支援センター」の増設と拡充
・情報の発信基地とし、介護の悩みを速やかに行政に伝えるの受信機能を高めます。
・介護の悩みを解決する「地域力」を高め、ネットワークづくりの場に変えます。
・増えている高齢者の単身世帯での孤独死をゼロにする方策を確立します。

1-1-3「老いじたく」の啓発 介護、意思が表明できなくなったときの成年後見、相続など、実際に困難に直面しないと考えられないが、それでは、後手に回ってしまう。要介護者になったと きどのようになるのかなどを想定し、今後のことを考える機会を提供して、自分の老いについての準備「老いじたく」をしておくことを区民の方々に薦めていき ます。

1-2 障害者の地域で自立生活を支援していく

1-2-1 障害者自立支援法
1-2-1-1 在宅サービスの充実
地域で生活をしていけるのに必要なだけのサービス量が確保できるように、財源が確保できるように国等に働きかけ、在宅サービスの充実をする。また、国や都へ積極的に働きかけ提言します。

1-2-1-2 当事者中心
制度やサービスを決める際に当事者の意見を聞くような仕組みを作る。
障害程度区分認定審査会委員に、精神、知的、身体それぞれの当事者を入れて、当事者の生活実態にあったサービス提供ができるようにします。

1-2-1-3 地域生活支援センターの増設
NPOなど、当事者が主体となって生活相談を行えるように地域生活支援センターの増設を働きかけていきます。
ピア(仲間同士)カウンセリングやピア・サポートにより障がい者が福祉に参加できる仕組みを作る。

1-2-2 働く場の確保
障がいが有る無しに関わらず、ともに働ける場所を作る。
民間企業に対し、障がい者の就労受け入れための環境整備をハード、ソフト両面で求め、提言して行きます。
福祉作業所等の福祉的就労の場へのバックアップを充実します。

1-3 共通(高齢者・障害者)

1-3-1 生活の場の確保
1-3-1-1 ケア付集合住宅設置へ向けて調査と整備を急ぎます。
1-3-1-2 多機能型小規模施設の整備を進めます。
1-3-1-3 ケアホーム・グループホームの整備を進めます。

1-3-2 地域での生活を支えるグループホームの充実
1-3-2-1 経済的な負担を軽減し、利用したい人が利用できるようにする。
1-3-2-2 手厚い介護ができる人員配置となるような支援を行う。

1-3-3 医療的ケアの必要な人に対するサポートする。

1-3-4 福祉分野で働く人、ヘルパーのサポートをしていく。
現場の職員の再教育をおこない技能の向上を目指します。

1-3-5 福祉・医療サービスに対する評価・情報提供システムの充実
利用者が選びやすく、サービスの質が向上するように文京区独自の評価と情報提供を行います。

2. 未来にはばたく子どもたちが、個性豊かに育つまち。

2-1 子育て

2-1-1 待機児童解消
余裕教室の活用等により、保育(学童を含め)を必要としている人に保育が提供されるようにし、待機児をなくしていく。待機児童を解消する方策の確立します。

2-1-2 仕事との両立の支援
働きながらでも安心して子育てができる仕組みを充実させる。
・延長保育の拡充(時間の延長や定員の拡大)
・病児保育の増設(医療機関や看護士との連携など)
・産前産後の支援ヘルパーの派遣

2-1-3精神的なサポート
子育てしている人の精神的なサポートし、育児における不安を解消していく。
・子ども家庭支援センターの機能を強化する。
・子育てサークルの支援
・子育て広場を増設

2-1-4特別支援教育
障がいがあるなしにかかわらず共に学び合える教育環境を作ります。

2-2 若者

2-2-1若者の意見を聞いていく仕組みをつくっていく。
1.学校運営委員会に生徒が参加するなど生徒が学校の運営にかかわれるようにする。
2.若者に関係する計画を策定する際には、意見を聞く機会を持つようにする。

2-2-2中高生の活躍の場づくり 1.「ゆう杉並」のような中高生が主体となって活動する場をつくっていく。
児童福祉センター(ゆう杉並)
2.若者の自立支援をするNPO等の地域の力を借りていく。

3. 心や体が疲れたときも、たよりにできるやさしいまち。

3-1 居場所づくり

こころがつらいときに安心していられる場をつくっていく。
だれでも気軽に集え、自分の悩みを気軽に話せる場を作り、同じような立場の人たちが対等な関係で支えあえるきっかけづくりや地域の多世代交流ができる居場所づくりの支援を推進していく。

3-2 活躍できる場づくり

団塊の世代の方の退職後の活躍の場を作っていく。
福祉的就労やコミュニティビジネスを起業しやすいようなサポート体制を作る。
・コミュニティビジネス・NPO交流サロンの設置や起業講座の開催
・公募型補助金制度
・市民活動・市民事業のための空き家・空き店舗情報提供事業

3-3 ともに学び合える場づくり

行政職員、地域活動の実践者、学識経験者、区民がともに、文京区における課題について継続的に研究と教育を行なえる場(文京自治大学(仮称))をつくります。

3-4 健康づくりを応援していく。

健康情報の提供等を行い生活習慣病の対策をしていく。
感染症予防(HIV、肝炎)
心の健康づくり

3-5 自殺対策

自殺に追い込まれて行く人をひとりでも減らし、自殺で大切な人を亡くした人が悲しみの底から回復していくのを見守っていく取り組みを進める。
・「自死遺族のつどい」の立ち上げなど自死遺族支援
・多重債務者支援や過労防止等自殺予防すすめる。
地域での啓発活動を行なう。

3-7 人権策

男女平等をはじめとして人権施策についての総合的な取り組みを行なう。

3-7-1 障がい者に対する差別をなくしていく条例制定に向けた取り組みを行なう。
差別の事例募集と区民参画の研究会の設置して差別解消に向けた検討を行う。

3-7-2 性的少数者の人権を尊重していく。
同性愛者や性同一性障害者等の性的少数者の存在に配慮し政策を進めていく。
行政職員や教員に性的少数者に関する正確な知識や権利擁護意識が持てるようにするカリキュラムを研修の中に盛り込みます。

3-7-3 福祉サービスの利用者の権利を守る第三者機関の充実。
・虐待や、要介護認定などの苦情を迅速に解決し、要介護高齢者や障がい者の人権を守る福祉オンブズマンの設置をします。

3-8 まちづくり

3-8-1歩きにくい道路の解消
・どの人にとっても、使いやすいまちづくりを進める。
・当事者を入れて交通バリアフリー法の「基本構想」を作っていく。

3-8-2 福祉有償移送サービスへの支援
・障がい者、妊婦等の外出が困難者への対応のため福祉有償移送サービス事業者を支援していく。

3-8-3 住宅の耐震補強工事を進める。
・阪神・淡路大震災では、八三%以上が建物や家具による圧死・窒息死と言われています。木造住宅やマンションの耐震補強を支援していきます。

 

4. タバコを吸う人も吸わない人も、気持ちのいいまち、きれいなまち。

4-1 タバコを吸う本人や周りの人がタバコの害で苦しまないようタバコ依存症への対策を進めていきます。

4-2 路上喫煙禁止地区を文京区全域に広げていきます。

 

5. 議会改革

議会が、議会本来の役割を活き活きと果たしていきます。

5-1 議員相互間の自由な討議の形式を導入し、議員が、自ら議案を提案し、討議し、意思決定を行っていく場をつくり出していきます

5-2 市民が直接自分の声で発言できる機会の保証していきます。公聴会、参考人招致等の手法の積極的な活用していきます。

5-3 議会をいつでも誰でも見られるように動画記録をインターネット上で公開していきます。