プロフィール

前田くにひろ

1.略歴

1965年11月9日文京区向丘の「高尾寿司」の長男として生まれる(現在52歳)。
区立第一幼稚園、誠之小、文京六中、早稲田大学高等学院、早稲田大学法学部卒。
アルツハイマー病の母の介護をきっかけに、8年勤めた住宅・都市整備公団を退社後、1999年無所属新人として区議に当選。以降2015年5期目当選す る。グループホームの誘致など介護や子育てに関する福祉を充実させた。
また、痴呆の方の介護家族を支える活動や不登校の問題、男女共同参画社会に向けての活動など様々な活動を行う。

 

2.文京区での役職歴

<常任委員会>
○「総務区民委員会」委員長(平成29年6月~現在)
○「厚生委員会」委員(平成23年6月13日~平成29年6月)
○「文教委員会」委員(平成21年6月25日~平成23年4月30日)
○「議会運営委員会」委員(平成19年5月29日~現在)

「総務区民委員会」委員(平成19年5月29日~平成21年6月25日)
「厚生委員会」委員(平成11年5月28日~平成19年4月30日)

<特別委員会>
○「少子高齢社会対策調査研究特別委員会」委員長(平成23年6月13日~平成25年6月)
・「文京アカデミー推進調査特別委員会」委員長(平成21年6月25日~平成23年4月30日)

「清掃リサイクル調査特別委員会」委員(平成19年5月29日~平成21年6月25日)
「男女平等・青少年・少子化対策調査特別委員会」委員(平成15年5月28日~平成19年4月30日)
「防災・まちづくり・住宅対策調査特別委員会」委員(平成11年5月28日~平成15年4月30日)

<付属機関>
○「財産価格審議会」委員(現在)
○「住宅政策審議会」委員(現在)
「文京区景観審議会」委員(平成21年7月28日~平成23年6月)

「文京区都市計画審議会」委員(平成19年6月1日~平成21年7月23日)
「財団法人文京アカデミー」評議員(平成19年6月29日~平成21年10月22日)
「文京区土地開発公社」評議員(平成14年7月25日~平成19年5月31日)
「文京区国民健康保険運営協議会」委員(平成15年6月5日~平成19年5月31日)
「文京区地域・文化振興公社」評議員(平成11年5月31日~平成15年6月5日)
「文京区生業資金運営協議会」委員(平成11年5月28日~平成14年4月1日)

 

3.その他の役職歴

*「高齢者福祉サービス評価研究会」代表
*NPO法人「生と死を考える会」副理事長
*NPO法人「こらーるたいとう」理事

 

基本姿勢

■現場からの声を届ける。
私が区政にかかわろうと思ったのは、母の介護がきっかけでした。
アルツハイマー病の母の介護するうちに福祉制度の矛盾を感じました。区民に近い行政にするため、「現場の声を政策決定の場へ届けること」や「制度を考えるときには区民自身が参加すること」に努めてきました。

■ひとりでもできること
私が、無所属の議員としてひとりでここまでやってこれたのは、いろいろな人たちと共に、地域や分野を超えていてネットワーク作り、取り組んできたからで す。「政治とは数が力の世界だから、ひとりではできることが限られている」とよく言われました。しかし、ひとりでもやれることはたくさんありました。議員 一人一人は対等です。区長を始めとして役所の人たちにみなさんの声を伝えられることは、議員だからこそできるのです。そして、彼らも、できるだけそれに応 えようとしてくれます。

■一緒に考えていきます
ですから、この4年間で、みなさんと取り組んで実現した新しい行政サービスや計画に盛り込まれたものは、さまざまありました。そして、そうした「芽」を、 見守り、大きく育てていくことを次の課題として、取り組んでいきます。生まれ、育った文京区が、「老いても痴呆になっても障害をもっても安心なまち」「子 どもたちが個性豊かに育つまち」「若者や女性も元気に活躍できるまち」「自分らしい生き方ができる住みやすいまち」になるよう、みなさんと一緒に考えなが ら、活動していきます。