微気象と健康について 〜気候と健康の関連〜【セミナー】

微気象と健康について
〜気候と健康の関連〜

日 時:3/27(金)18:30~20:30

場 所:文京シビックセンター3階C会議室  
話し手:永田嘉康さん(IT関連会社勤務)

健康と気候の関連性は古くから知られてきました。
雨が降ったり低気圧の時には、痛みが出やすくなったり、
熱中症やヒートショックなど気温や湿度が直接健康に影響を与えることなどです。

健康に暮らしていくためには、気候の影響とその対処法を知っていくことはとても有意義なことです。
そうしたことをわかりやすく説明をしていただきます。

また、ITなど先端技術による気象情報を活用していく効果や意義についてもお話し頂く予定です。

当日の資料の目次(案)

  1. 気象庁の天気予報
  2. 気象と健康の関係
  3. 気象と関係する病気の具体例
  4. 微気象とは
  5. なぜ微気象が必要なのか
  6. 世の中の動き
  7. 日本の人口構成
  8. 日本の医療費の構成
       なぜ健康保険組合はメタボ対策をしているのか
  9. だから未病が必要
       微気象のデータ蓄積により病気を未然に防ぐ
  10. 未病ベースにより新たな街作り構想

<参考>
http://www.med.shimane-u.ac.jp/assoc-jpnbiomet/